会長挨拶

釧路日中友好協会は日中友好7団体と呼ばれる日本と中国両国の公式友好団体のひとつ(公社)日本中国友好協会の地方組織にあたる。

当協会の歴史は古く日中国交正常化以前の1952年釧路市に設置され2004年12月に解散した一代目組織があり、当時日本の国策に基づき発足したもので中国へ水産品、木材、硫黄を輸出していた。

現在の協会は2011年(社)釧路青年会議所と釧路商工会議所の一部協力で新たに発足した。
その背景は2011年釧路港が国際バルク戦略港湾として指定され東日本を代表する国際港湾に発展することが予測されたことがある。各国との外交チャンネルを構築し道内を代表する国際港湾都市として釧路の発展が道東、日本の産業発展に大きく貢献できると考慮したからである。

当時 草野満夫労災病院長(当協会初代会長)が釧路に着任したことが当協会発足の大きな始動に繋がった。
草野氏はガンのセンチネル治療における日本の権威であり、江沢民氏の母校たる名門の上海交通大学医学部客員教授であった。
この時と人との偶然が重なり当協会発足となったのである。
(2016年 第6回定期総会 中村圭佐 会長あいさつ文)

トピックス

 5月1日 『日本と中国(北海道版)』国際物流の大きな変化のなかの釧路

 

釧路日中友好協会は経済活動をテーマにして活動している。その背景に釧路を取り巻く状況が大きく変化し、我々自身が明るい未来を創造しているからである。

釧路といえば帯広に人口を抜かれ衰退都市のイメージが定着しているが、それはある意味、情報の非対称性であって経済指標のひとつである。2011年以降、国内外の大企業が徐々に釧路に関心を向け大きな投資を行っている。人口が減る原因は高齢化率3割と高く、地元に十分な大学教育機関の整備が遅れているからである。経済成長する一方で人口が減るため、不足する労働者を大量のベトナム人労働者が埋めている。釧路市にはベトナム名誉領事館が設置された。

釧路は2013年第3四半期日本銀行各支店の短観で国内第2位の景況感を記録した。コロナ渦のなかで2020年釧路の建設業界は過去最高額の1500億円(帝国データバンク釧路支店調べ)の売上となった。背景に巨大な物流倉庫・穀物サイロ、大規模な発電所、大工場、大酪農場などの建設である。釧路港の周辺に巨大な物流機能が集積しだしたわけだ。

これら経済好調の背景に北海道最大の埠頭延長をもつ釧路港の存在が大きい。2011年日本政府は、釧路港を国際バルク戦略港湾に指定した。それまでの地方の港湾から数万トンの巨大なバルクタンカーが入港する東日本最大級の穀物輸入拠点に成長している。

さらに追い風となっているのが「北極海航路」である。スエズ運河経由に比べ40%も距離が短く、温暖化によって安定運用が可能となってきたからである。世界各国の企業が動き出したなか20186月 釧路日中友好協会主催で中国最大の海運会社COSCO社の譚兵社長が来訪し講演「北の釧路 南のシンガポール」が開催された。

釧路港は地政学的にも北東アジアの中継貿易拠点としての役割が期待されている。

巨大な国際コンテナ専用埠頭の整備を推進し、実現すれば釜山に対抗した国際物流拠点を国内に実現できるという日本の国際物流戦略上きわめて重要な課題に合致するからである。

釧路は日本で唯一、港湾後背地は平らで広大にあり、港湾、高速道路、空港、鉄道がリンクし国際水準並みの巨大な物流拠点を形成できるという特徴がある。ここに様々な大企業が注目して動いている。このように当協会が経済をテーマに活動に至るのは必然なのである。

 


2018年8月20日 北極海航路経由で釧路港に入港したCOSCO社のコンテナ搭載バルクタンカー(天恵号 37,125トン)。左 蝦名大也 釧路市長 右 王家馴 在日中国企業協会会長 左で案内してるのは 譚平 COSCO日本代表取締役社長
左2人目 栗林定正 釧路商工会議所会頭 左3人目 中村圭佐 釧路日中友好協会会長
右2人目 小畑やすのり 北海道議会議員 右1人目 月田光明 釧路市議会議員
釧路湾の沖合に浮かぶ各国の貨物船
中国向けくず鉄を搭載しているパナマ船籍(西港区第四ふ頭)


 4月30日 日本遼寧省総商会釧路連絡処開設

釧路市日中友好会館に「日本遼寧省総商会釧路連絡処」を新たに開設することが決まった。

処長 王輝(オウ テル) 連絡先 090-3516-9912(対応 中国語 日本語)

元東京農業大学中国語課非常勤講師 大連理工大学建築科卒 日本大学大学院理工学研究科建築材料専攻博士前期課程卒業

日本華人職業婦人会会長

 4月22日 釧路市日中友好会館開設

北海道で最初の日中友好会館を釧路日中友好協会が開設した。

住所 釧路市末広町6丁目 サンライトパレス1階

名称 釧路市日中友好会館

館内に中国家具が展示されている。寄贈者 田中トヨ様

釧路市は日本政府が指定した「国際バルク戦略港湾」を有する港湾都市であり、北極海航路の本格運用に伴い「北東アジアの重要な物流拠点」として発展が期待されている。

北海道最初の友好会館が釧路でなされた目的は、日中両国の経済文化交流の拠点開設によって釧路地域の発展成長を促すことである。



中華圏の有力ネット情報媒体で『今日のトップニュース』として世界に発信された。
記事の結びには、「釧路市は日本政府指定の国際バルク戦略港湾を有する国際港湾都市である。北東アジアの主要な物流拠点、北極海航路上の重要な基点として発展成長が期待できる。」と書かれている。


 3月25日 中国人留学生を支援 釧路日中友好協会

釧路日中友好協会は、北海道日中友好協会を通じて、北海道の大学に在学中の中国人留学生に生活資金を支給することにしました。

3月22日 北海道日中友好協会に資金を送金しました。

 国際エネルギー産業博覧会開催(会場 中国太原市)

釧路日中友好協会は出展。

展示内容

1.釧路港(国際バルク戦略港湾、北米航路、北極海航路の北東アジア拠点)の紹介。

2.ひがし北海道の魅力(釧路湿原国立公園、阿寒摩周国立公園、知床国立公園、(厚岸霧多布昆布森国定公園 2021年11月開設予定))の紹介。

https://www.cntyenergyexpo.com/#

日時:2020 年 10 月 20 日(火)9:00~11:30 *日本時間 10:00~12:30 

場所:中国(太原)石炭取引センター多機能ホール 

開催方式:オンラインライブ中継 

 開会式、基調講演、調印式 式次第 セッション 1:開会式  

司会:張 紅良 山西省政府弁公庁副主任 

ゲスト紹介、及びエネルギー博覧会の概況紹介 挨拶 中国商務部貿易発展局副局長 金虹 科技部

 ウルグアイ国 エネルギー・鉱業省大臣オマール・パガニーニ

 日本国 日中経済協会 専務理事 杉田定大

 山西省副省長 盧東亮様 ネルギー産業博覧会開幕宣言&挨拶 

 オンライン展示館廻覧

セッション 2:講演  司会:王 宏晋 山西省商務庁長 

1. 金智新  中国工程院院士 2. 劉 科  南方科技大学創新創業学院院長、豪州国家工程院外国籍院士  3. 常 静  日本からの団体及び企業の展示概要説明 4. 高春毅  山西省国有資産運営公司 副社長 5. 武 望  大同煤業集団 董事長 セッション 3:調印式 司会:楊 春権 山西省投資促進局局長 MOU 調印案件、オンラインで調印同時進行 

2 出席(約 245 名)  ホスト・VIP(会場出席者 15 名) 盧東亮 山西省副省长、商务部、科技部、国家能源局等  ゲスト・VIP 出席者(会場にて 11 名) 省・市の行政代表、中央所属企業代表、中国工程院院士等  会場出席者(215 名)  メディア関係者(15 名)

10月21日 釧路新聞社許諾済
               バーチャルブースの配置図



検索

過去の記事

活動報告

リンク