会長挨拶

釧路日中友好協会は日中友好7団体と呼ばれる日本と中国両国の公式友好団体のひとつ(公社)日本中国友好協会の地方組織にあたる。

当協会の歴史は古く日中国交正常化以前の1952年釧路市に設置され2004年12月に解散した一代目組織があり、当時日本の国策に基づき発足したもので中国へ水産品、木材、硫黄を輸出していた。

現在の協会は2011年(社)釧路青年会議所と釧路商工会議所の一部協力で新たに発足した。
その背景は2011年釧路港が国際バルク戦略港湾として指定され東日本を代表する国際港湾に発展することが予測されたことがある。各国との外交チャンネルを構築し道内を代表する国際港湾都市として釧路の発展が道東、日本の産業発展に大きく貢献できると考慮したからである。

当時 草野満夫労災病院長(当協会初代会長)が釧路に着任したことが当協会発足の大きな始動に繋がった。
草野氏はガンのセンチネル治療における日本の権威であり、江沢民氏の母校たる名門の上海交通大学医学部客員教授であった。
この時と人との偶然が重なり当協会発足となったのである。
(2016年 第6回定期総会 中村圭佐 会長あいさつ文)

トピックス

2月1日 北海道日中『新年交流会』

主催 北海道日中友好協会
会場 ホテルモントレ札幌「ケンジントンルーム」

主催者挨拶 青木雅典 北海道日中友好協会会長 
来賓挨拶  孫振勇 中国札幌総領事
        浦本元人 北海道副知事
        吉岡亨  札幌市副市長

参加者 北海道在住の政財界人

釧路日中友好協会からは中村圭佐 会長、上見国敏 事務局長が出席。

釧路日中友好協会から会場の皆さまへの報告内容。

一昨年から本格稼働した北海道最大の穀物飼料輸入拠点「国際バルク戦略港湾」釧路港へ北米貨物が大量に扱われるようになり、現在 釧路経済は、建設、物流で大変景気の良い状況にあります。
今年 世界有数の国際船会社であるCOSCO社によって、欧州から北極海航路で釧路に大量の穀物飼料が輸送される予定であります。
それに伴い、COSCO日本法人社長が釧路に来訪する予定であります。
今後 釧路市は北海道の太平洋側を代表する国際港湾都市として発展していくことが目標であり、当協会は微力ながらそれに向けて日々邁進いたします。本日はありがとうございました。


1月21日 釧路公立大生ビッグデータから読み解く釧路市の特性

出席者 釧路公立大生4人

会場 釧路未来創造室 

まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する地域経済分析システム(RESAS)から釧路市のデータを抽出し、釧路市の経済特性を勉強しました。

感想

大久保京介(釧路公立大学経済学部経済学科1年) 
釧路市の林業は植生と伐採に特化している。釧路市は漁業の町という印象があったが、実際は、運輸、物流の方が主体産業であることを理解した。これからの釧路市は運輸、物流に焦点をあてる都市づくりが重要であることを理解した。

馬渡鋼(釧路公立大学経済学部経営学科2年) 
釧路市の人口は減少傾向にあると思っていたが、人口減少を分析すると社会増減に関しては改善し増加傾向にあることがわかった。
また釧路市の医師数は多いと思っていたが、ひがし北海道全体で捉えると全く足りず状況がむしろ悪化していることが分かった。
12月7日 「花咲線」「釧網線」の次代を見据えたモーダルシフトのご提案




 
釧路を中心とする「ひがし北海道」は東京 首都圏の重要な食糧庫です。
日本全体に占める生産量の、ばれいしょは61%、小麦は44%、牛乳は35%、玉ねぎは31%、とうもろこしは22%をこの「ひがし北海道」で生産し、鉄道貨物と船舶で大量輸送されています。
しかし、現在その輸送体制は危機的な状況に至りつつあります。
1.釧路鉄道貨物ターミナルへの長距離トラック輸送はトラックドライバー不足で危機的状況に至りつつあります。
2.北海道新幹線の札幌までの延伸で青函トンネルを通行する貨物輸送にさらに制限がかかります。
3.JR北海道の赤字問題。
ご存知でしたか?東京 首都圏の食糧供給体制をJR北海道の鉄路は支えているのです。
そして今回の提案は、観光路線として有名な釧網線、根室花咲線は、今後のモーダルシフトの重要な貨物輸送路線として活用できるという提案です。
日本の未来を支える重要な交通機関であるJR北海道の鉄路は、地元住民の課題だけではなく、「日本の食糧安全保障上極めて重要な鉄路」であることをプレゼンさせていただきました。
 
 
12月7日 近況報告会

会場 ANAクラウンプラザホテル釧路 
午後 7時半から

A 当社は広島発祥の企業である。このたび釧路市で約10億円の設備投資を行い発電所を建設中である。今後、釧路市は国際バルク戦略港湾で物流の一大拠点として発展が期待できる。今後釧路市の事業拠点に注目していきたい。
B 当社は日本唯一の炭鉱会社であります。今年はコロンビア共和国から研修生を受け入れております。
来年から石炭の地産地消が始まります。昨年で1234人受け入れとなりました。
C 当社は今年は収益物件の新築はほとんどありませんでしたが、戸建ての住宅が増加しました。紹介で本州 首都圏からの移住によるものです。
D 酪農畜産業は俄かバブルにあります。来年 和牛の中国輸出が解禁される予定です。釧路、根室地域は肉牛においても国内有数の肥育地域であります。このため今後釧路の酪農畜産業は当分バブルが続くと考えています。
E 当社は今年は非常に忙しかった。腰のほうも調子がよくなった。
F 今年は大学同窓生で日本平に宿泊した。そこでたまたま偶然 王毅外相が宿泊していたのと重なった。
G 当社は愛知県一宮市出身で釧路で不動産業をやらせてもらっています。釧路の不動産もいよいよ底をうち市内地所によっては値上がりするような状況にあります。特に港湾物流が非常に景気がよく運輸物流企業の進出も増加傾向にあります。
H 当社は釧路市の皆様に支えられて経営しております。今年 釧路の国際コンテナ航路は昨年の週1便から一気に週4便体制に移行してます。釧路を中心とする国際物流が急激に増加していますが、いまの課題はこの急成長に人員の数が全く足りないのです。釧路経済が非常に好調であることを広く市民に知っていただいて釧路市の企業に就職していただく、大都市から釧路に移住して釧路の企業に就職していただくそのような取り組みが必要であると思っています。
I 当社は釧路で古い不動産会社であります。今年、釧路市北大通のビルを香港資本が買収するというお話を聞いております。釧路の不動産を外国資本が買収するという動きはかつての銀行倒産時のホテル物件買収の頃と異なり、バルク購入ではなく、釧路を目標に外国資本が釧路に投資をするという動きでありますから私は日本人として複雑な思いをもつとともに、いよいよ釧路の都心部の価値が見直されつつあることに感慨深いものを感じます。
J 当社は釧路市とともに長期滞在のための事業を釧路で行っています。そこで最大の課題に突き当たっています。年間2万日、長期滞在組数1350組で天井に突き当たったのであります。それは釧路市にホテルが圧倒的に不足しているということであります。今年になって夏場になるとシングル一泊2万円前後もするような状況にあります。この場のみなさま何とか釧路市に新たなホテルを実現してください。
K 当社は釧路の建設現場にバングラデシュ人を赴任させています。そのため釧路にわざわざ臨時のイスラム寺院を設けて対応しています。地方でも国際化はよもや避けられぬ状況にありますが、地元住民とは非常に仲良く、食べ物のおいしさ、住環境の整いに、バングラデシュ人は釧路をとても気に入って寒さに対応できています。
L 私は週に一度、あるFPの下で勉強会を行っています。釧路では測量士、司法書士が足りません。首都圏から釧路に移住してもらえないか?議論しています。
M 今年は金融機関が全く融資してくれません。積み立てを使ってくれと言われる状況です。これで金融機関は貸す先がないと言ってるわけですから訳解りません。
N 当社は日本を代表する国内7位の船舶会社をグループにもつ釧路の企業であります。地元の学生の雇用の受け皿として今後ますます釧路市に貢献したく思っています。是非とも就職してください。
O 当社は測量会社です。今年の釧路市との折衝ではただただ苦労しました。釧路市の行政機能が停滞してるように思います。
P 釧路に進学で移り住み今釧路の会社に就職しています。食べ物は美味しい。住環境は整い適度な都会である。冬でも雪が降らず快晴が続く。夏は涼しい。今後 温暖化が進んでも釧路だけは住みやすい地域になると思っています。
Q 私 東京に住宅があり妻子は沖縄に住み釧路の不動産を購入して釧路の物件は、釧路への派遣労働者の拠点にしようと思っています。釧路は今後しばらくは大規模な建設プロジェクトが続きます。人が足りません。オリンピックが終っても釧路だけはこのまま景気がいい状態で続くと思っています。
R 当社は自動車業界の協会であります。最近 釧路地域ではレクサスの販売が増加傾向にあります。つまり
景気がいい。そう思っています。
S 当社は現在 釧路市音別町に総事業費25億円の太陽光発電所の建設工事を推進しています。さらに今後はタイ資本の開発事業も期待されます。国内外の大企業による開発が釧路で始まっていることに釧路市民として感慨深いものを感じます。
T 当社は鶴居村に旅館を開業しました。来年1月2月はすでに予約で満室稼働ありまして、その客の9割が外国人であります。とくに米国写真家協会、英国写真家協会の利用が多く、次に中国写真家協会であります。
開業して非常に驚いております。
U 当社は釧路市での不動産業を行っています。首都圏から釧路の収益物件の購入依頼が増加しています。
物件を実際に見ないで購入されるケースが増えています。
V 私は釧路が好きで釧路に2~3か月に一度の割合で釧路に来るようになってきました。毎月上海にも出張しています。釧路は中国政府も日本の農畜産物の一大輸出拠点として非常に注目されています。
W 当社は釧路市に事務所を設置しています。おかげさまで釧路での鋼材の売り上げも大きく増加しています。
厚岸の高速道路の建設も来年は期待できますし、空港も国際空港化に向けて動きがあるようです。
12月7日 12月例会 講師 河野直

会場 ANAクラウンプラザホテル釧路
時間 18時
会費 1万円

講師 河野直 株式会社サンテック(東証二部) 執行役員

経歴 大阪市立大学商学部卒業
    1982年 第一勧業銀行入行
    1988年~1994年 同行ニューヨーク支店
    1995年~2009年 京橋支店、本部部署、みずほ持ち株会社、和歌山支店長、本部審査部を歴任
    2010年 サンテックへ出向
    2012年 サンテックへ移籍

米中貿易戦争のまっただなか、中国の国家戦略『一帯一路』(中国名 「氷上のシルクロード」北極海航路)として国際的に注目を集める釧路港。
いまや東日本を代表する米国産穀物集積拠点として急成長する釧路港が、現在の広大な遊休地と巨大な港湾を活かし北東アジアで最も欧米に近い国際港湾都市として発展が期待される。
米国と中国 両大国の現状と今後の釧路について語る予定。

一帯一路~「一帯」とは中国から欧米との間の国際鉄道、国際高速道路網の整備による経済ベルトを意味する。「一路」とは中国から欧米との間の国際海運航路を意味する。港湾整備、鉄道整備に伴う巨額のインフラ投資資金を高めの金利で貸し付け結果的に「債務の罠」と呼ばれる状態に至る事例があることから国際問題化している。

氷上のシルクロード~中国から北海道沖、アリューシャン、北極海を経由して欧州とを繋ぐ北極海航路。2011年ロシア政府が正式に開通させ、2018年1月28日中国政府が正式に本格運用を開始する旨を公表した新たな海上輸送ルートである。この海上輸送ルートの本格運用に合わせ、ムルマンスク(ロシア)、ペトロパブロフスクカムチャッキー(ロシア)に中国企業が大規模な国際コンテナ埠頭を建設。色丹島、得撫島にそれぞれロシア政府によって関税ゼロの経済特区が設置され色丹島では2018年から米国キャタピラー社による大規模な火力発電所の開発が始まった。

釧路港(国際バルク戦略港湾)~国の選択と集中という新たな社会インフラ整備の方針に沿って北海道で唯一 国家プロジェクトとして「国際バルク戦略港湾」に指定された穀物飼料輸入拠点の整備が進む。現在24時間港湾荷役を行う埠頭総延長が全長10キロにも及ぶ北海道最大の国際港湾である。バルク貨物の集積が進むに合わせ国際コンテナの取り扱いも増加、釧路航路の新たな開設が増えている。中国COSCO社の北極海航路バルク船は当初 苫小牧港に寄港していたのは、苫小牧港で貨物をおろして喫水線を下げて釧路港に寄港したものである。釧路港は2018年11月20日水深14m岸壁が竣工し改善された。


CPEC(中国パキスタン経済回廊)について説明する河野氏。

検索

過去の記事

活動報告

リンク