会長挨拶

釧路日中友好協会は日中友好7団体と呼ばれる日本と中国両国の公式友好団体のひとつ(公社)日本中国友好協会の地方組織にあたる。

当協会の歴史は古く日中国交正常化以前の1952年釧路市に設置され2004年12月に解散した一代目組織があり、当時日本の国策に基づき発足したもので中国へ水産品、木材、硫黄を輸出していた。

現在の協会は2011年(社)釧路青年会議所と釧路商工会議所の一部協力で新たに発足した。
その背景は2011年釧路港が国際バルク戦略港湾として指定され東日本を代表する国際港湾に発展することが予測されたことがある。各国との外交チャンネルを構築し道内を代表する国際港湾都市として釧路の発展が道東、日本の産業発展に大きく貢献できると考慮したからである。

当時 草野満夫労災病院長(当協会初代会長)が釧路に着任したことが当協会発足の大きな始動に繋がった。
草野氏はガンのセンチネル治療における日本の権威であり、江沢民氏の母校たる名門の上海交通大学医学部客員教授であった。
この時と人との偶然が重なり当協会発足となったのである。
(2016年 第6回定期総会 中村圭佐 会長あいさつ文)

トピックス

 5月23日 釧路貿易振興会定時総会に出席

会場 道東経済センター5階会議室 14時~15時

出席 釧路日中友好協会事務局長 上見国敏

内容

2021年釧路港の貿易実績は前年比プラスで総額1,091億円となった。国際バルク貨物の取扱増加とともに外貿コンテナ定期航路による貿易が拡大。


 5月1日『日本と中国』北海道版 第2264 釧路日中22年度事業計画案から

☆2022年度 北海道日中友好協会総会代議員(釧路の部のみ抜粋)

 伊東博之 阪和興業(株)北海道支店長 兼 釧路事務所長

 上見国敏 釧路日中友好協会事務局長 上見ビル有限会社代表取締役

 伊原明 釧路日中友好協会理事 学校法人ほっかいどう学院理事長 以上3名

☆釧路日中は、山東省日照市及び他の都市をひとつのグループとして、友好提携を締結し、国際港湾物流、人材派遣、経済と文化交流など事業を推進する。記念講演会も開催する。


 12月17日18日  2021日韓(青島)輸入商品博覧会 釧路出展

2021日韩(青岛)进口博览会序厅 (720yun.com)

日本馆 (720yun.com)

出展 釧路日中友好協会 

後援 釧路市

青島市におけるcovid-19 の感染拡大に伴う緊急措置とお詫び

青島市におけるcovid-19 新型コロナウイルスの感染拡大を原因として、急遽 国際展示会をバーチャルで行うよう変更することになりました。

釧路市から送りました釧路企業の各展示物品について、日照市人民対外友好協会(担当 王宏昆 四級調研員)が、山東省内の各企業に直接持ち込むことで説明対応することになりました。



新型コロナの影響で、急遽 日照市人民対外友好協会事務所によって開催された展示状況






検索

過去の記事

活動報告

リンク