会長挨拶

釧路日中友好協会は日中友好7団体と呼ばれる日本と中国両国の公式友好団体のひとつ(公社)日本中国友好協会の地方組織にあたる。

当協会の歴史は古く日中国交正常化以前の1952年釧路市に設置され2004年12月に解散した一代目組織があり、当時日本の国策に基づき発足したもので中国へ水産品、木材、硫黄を輸出していた。

現在の協会は2011年(社)釧路青年会議所と釧路商工会議所の一部協力で新たに発足した。
その背景は2011年釧路港が国際バルク戦略港湾として指定され東日本を代表する国際港湾に発展することが予測されたことがある。各国との外交チャンネルを構築し道内を代表する国際港湾都市として釧路の発展が道東、日本の産業発展に大きく貢献できると考慮したからである。

当時 草野満夫労災病院長(当協会初代会長)が釧路に着任したことが当協会発足の大きな始動に繋がった。
草野氏はガンのセンチネル治療における日本の権威であり、江沢民氏の母校たる名門の上海交通大学医学部客員教授であった。
この時と人との偶然が重なり当協会発足となったのである。
(2016年 第6回定期総会 中村圭佐 会長あいさつ文)

トピックス

 9月24日~26日 中国太原国際エネルギー産業博覧会 釧路日中友好協会出展予定(オンライン)



主催(共催) 中国山西省人民政府

   中華人民共和国商務部

   中華人民共和国科学技術部

   国家能源局

正式名称:2020中国(太原)国際エネルギー産業博覧会(オンライン方式)

出展単位:釧路日中友好協会 

出展内容:釧路地域のエネルギー産業。

釧路港の(北極海航路、北米航路に関する)国際ハブ港湾化についての動向。

釧路地域の気候特性と国際観光地としての今後の可能性について。(展示会向け資料概要は以下に添付。その他動画)










 8月29日 日本中国経済ビジネス会議 釧路日中プレゼン

主催 NPO法人東京都日本中国友好協会(会長 宇都宮徳一郎 (株)ミノファーゲン製薬代表取締役社長)

Voovミーティング 14時30分から

北海道からのプレゼンは以下の2名

1.上見国敏 釧路日中友好協会事務局長 『一帯一路政策と釧路』

2.種田英郎 NPO法人札幌中国友好協会事務局長 『北海道概況』


7月18日 釧路夕焼け倶楽部定時総会出席

世界三大夕日として世界に映像配信などを行っている、釧路夕焼け倶楽部定時総会に上見事務局長が出席しました。

世界三大夕日(釧路、マニラ、バリ島)
世界最大の水揚げ高を記録した1960年代の釧路港。世界の港から釧路の港に訪れる船乗りの仲間の中で、釧路の夕日は世界三大夕日だと言われたことが今に伝わっています。

1.一般社団法人化に向けて推進。
2.収益事業への拡大について検討。

検索

過去の記事

活動報告

リンク